/

この記事は会員限定です

貯蓄25兆円、解き放つか コロナ後意識 外食・旅行買い

証券部 北松円香

(更新) [有料会員限定]

株式市場で今後のサービス消費回復を見込んだポジションを構築する投資家が増えてきた。新型コロナウイルス禍に伴う消費の抑制や給付金で家計の現預金は平時より25兆円ほど上振れしている。感染の落ち着きとともにこれまで控えられてきた旅行や飲食などにお金が向かうとの見立てだ。

19日の市場では、コロワイドロイヤルホールディングスなど外食株が軒並み買われた。東京都が営業時間短縮に協力した場合の協力金を大手企業にも支払うと決めたことが追い風にな...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1136文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン