/

この記事は会員限定です

不動産の環境認証が拡大 3年で2倍、住友不など大手中心

[有料会員限定]

日本の不動産業界で建物の環境性能などを評価する認証の取得が加速している。日本政策投資銀行や国土交通省の認証を取得した物件数は足元で約1500件と3年で2倍強となった。住友不動産が新規の大型物件で原則として認証を取得する方針を打ち出すなど、大手不動産の積極姿勢が目立つ。認証取得でESG(環境・社会・企業統治)マネーの取り込みを狙う。

不動産の環境認証で主流となっている日本政策投資銀行の「グリーンビルディング認...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り843文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン