/

この記事は会員限定です

中国ネット大手が金融事業見直し 美団は共済から撤退 

[有料会員限定]

出前アプリの美団が共済事業「美団互助」から1月末で撤退する。金融事業にライセンス取得を求める中国当局の方針に対応するものとみられる。スマートフォンを通じた預金仲介も2020年末に取りやめた。アント・グループはじめネット大手に同様の動きが広がる。本業回帰の名目のもと、制約を強める当局の姿勢が鮮明だ。

「1月31日に正式に終了します。月末まで給付を継続するので心配無用です」。美団互助はアプリ上で短く開...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り886文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン