/

この記事は会員限定です

キッコーマンが上場来高値 海外事業に成長期待

銘柄診断

[有料会員限定]

18日の東京株式市場でキッコーマン株が反発、一時前日比300円(4%)高の7890円まで上昇して上場来高値を付けた。新型コロナウイルスが流行する中でも欧米で家庭向けしょうゆの販売が伸びており、成長力を評価した買いが続いた。

キッコーマンは長く海外販売に力を入れており2020年3月期の海外売上高比率は6割を超えた。20年4~12月期の連結純利益は前年同期比1%増の236億円。外食需要が落ち込み業務用の調味料など...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り333文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン