/

この記事は会員限定です

日清食品HD、カップヌードル50周年に原料高の暗雲

証券部 鈴木孝太朗

[有料会員限定]

日清食品ホールディングスの2021年3月期は新型コロナウイルスによる巣ごもり需要で連結純利益(国際会計基準)が過去最高を更新する見通しだ。「カップヌードル」の発売50周年に花を添える好業績にもかかわらず、株価はさえない。先行きにコスト高の暗雲が垂れこめているからだ。

カップヌードルの主原料である小麦は21年に入り、国際指標となるシカゴ市場で先物が1ブッシェル6.9ドルと約7年ぶりの高値を付けた。大豆や菜種、パーム油といっ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1199文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン