/

この記事は会員限定です

投資ビギナー、知っておきたい「財務三表」の基礎知識

[有料会員限定]

卒業、入学、社会人デビュー。人生の新ステージに入る4月は、資産形成を意識した株式投資を考える良いタイミングだ。「社名を知っている」「商品を使ったことがある」。こんな思いが投資先選びのきっかけだったりするが、果たして、その会社は成長する企業なのか。判断材料となるのが決算短信や有価証券報告書といった決算書で、大きくは財務三表と呼ぶ「損益計算書(P/L)」「貸借対照表(B/S)」、「キャッシュフロー計算...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3707文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン