/

この記事は会員限定です

キリンHD、見えぬ「柱」の収穫期 株価伸び悩み

証券部 大鐘進之祐 

[有料会員限定]

キリンホールディングス(HD)の株価が伸び悩んでいる。今期は前期比4割の最終増益を見込むなど業績は底堅く、10年来の課題だった海外事業の整理にもめどを付けて財務基盤も改善した。株価の足かせとなっているのが酒類に代わる将来の柱と位置付ける健康事業だ。ファンケルへの出資などに2600億円を投じたが、収益への貢献が見通せず、市場の評価が定まらない。

酒類や飲料、医薬など4つの事業を持つキリンHD。磯崎功典社長が執務の7割もの時間を充て...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1571文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン