/

この記事は会員限定です

アクシージアの段社長「中国販売、年25%成長を維持」

[有料会員限定]

化粧品の企画、製造販売を手掛けるアクシージアが18日、東証マザーズに上場した。上場初日は公開価格(1450円)を4割上回る2051円で初値を付け、終値は2300円だった。段卓社長はオンライン会見で「メード・イン・ジャパンのブランド力を生かし、中国向け販売を今後も強化していく」と話した。主なやり取りは以下の通り。

――初値が公開価格を上回りました。

「市場から高い評価が得られたことを本当にうれしく思う。投資家か...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り580文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン