/

この記事は会員限定です

分散投資で調整に備え 「ワクチン後」緩和縮小警戒

証券部 大西康平

[有料会員限定]

投資家の間で、新型コロナウイルス下で進んだ株高の調整リスクに備える動きが出てきた。コロナワクチン接種が各国で進んだ「ワクチン後経済」では金融緩和・財政支出による下支え効果がコロナ禍ほどでなくなるとみるからだ。特に騰勢を強めたIT(情報技術)関連株への警戒が強く、投資分散やディフェンシブ株の組み入れを進めている。

「2021年は米連邦準備理事会(FRB)の金融緩和政策の正常化が意識されて金利が上昇し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1117文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン