/

この記事は会員限定です

株、投資家に楽観広がる 日経平均1カ月ぶり高値 

[有料会員限定]

米連邦準備理事会(FRB)が17日にゼロ金利政策を長期間続ける方針を示したのを受けて世界の株式市場で投資家心理が上向いている。米欧では株価の先行きを占う予想変動率が昨年2月のコロナ危機以降で最低の水準に低下。18日の東京株式市場で日経平均株価は約1カ月ぶりの高値を付けた。世界的な経済成長への期待感が背景にある。

市場が注目するのはFRBが米連邦公開市場委員会(FOMC)で示した経済成長率見通しだ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り641文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン