/

この記事は会員限定です

ペプチドリーム、安定キャッシュが導くシステム創薬の道

証券部 大鐘進之祐

[有料会員限定]

東大発バイオベンチャー、ペプチドリームの株価が2019年につけた上場来高値に近づいてきた。株式時価総額は7000億円を超え、大正製薬ホールディングス大日本住友製薬を上回る。バイオ創薬の業界では異色の安定したキャッシュフローを投じ、収益モデルを進化させつつある。

ペプドリの2020年12月期の単独税引き利益は42億円と過去最高を更新したようだ。一般にバイオベンチャーは投資先行で赤字決算が多いが、東証マザーズのアンジェスヘリオス、サンバイオと比較すると、ペプドリは業...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1829文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン