/

この記事は会員限定です

東証社長に山道氏 JPX、求められる信頼回復と海外戦略

[有料会員限定]

日本取引所グループ(JPX)傘下の東京証券取引所社長に、大阪取引所社長の山道裕己氏が就く見通しとなった。2020年10月に発生した大規模システム障害によって失墜した信頼回復が最優先課題だが、取引所としての海外展開など国際競争力の強化も待ったなしだ。取り組むべき課題は山積している。

JPXは指名委員会等設置会社で、22日に山道氏を東証社長としてJPX取締役会に提案する方向で最終調整している。大阪取引所社長の後任には、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り839文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン