/

この記事は会員限定です

価額変動型の新株予約権 今年度発行2倍、コロナで急増

[有料会員限定]

行使価額が動く新株予約権を使った資金調達が増えている。2020年度の発行件数は前年度の2倍弱にのぼり、新型コロナウイルス禍で資本不足に陥った企業や資金需要が旺盛な新興企業などの発行が多い。証券会社などに割り当てるため公募増資に比べ機動性が高い一方、資金調達の時期や規模が権利行使に左右され、財務戦略として適切か疑問の声もある。

新株予約権はあらかじめ決められた行使価額で株式の購入を企業に請求できる権...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2104文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン