/

この記事は会員限定です

原料高・第6波・供給網混乱で増益幅縮小 10~12月決算

[有料会員限定]

3月期決算企業の2021年4~12月期決算が本格化する。4~9月期は新型コロナウイルス禍の反動もあって、前年同期比で主要企業の合計の純利益が2倍となり過去最高となった。4~12月期の増益幅は縮小する見通し。原材料高、新型コロナの第6波、サプライチェーン(供給網)の混乱という懸念材料が重なり、22年3月期の上方修正への期待もしぼんでいる。

主要な3月期決算企業(新興や親子上場の子会社など除く)の2...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1150文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン