/

この記事は会員限定です

国内REIT型の成績、コロナ前の水準回復

投信観測所

[有料会員限定]

国内の不動産投資信託(REIT)で運用するファンドの運用成績がコロナショック前の水準まで戻りつつある。国内公募の追加型株式投信(ETFを除く)全体と比べて国内REIT型の回復は遅れていたが、足元では上昇基調で推移している(図表1)。

国内REIT型ファンド(QUICK独自の分類)の純資産総額上位10本について、2月末の運用成績を調べたところ、6カ月リターン(分配金再投資ベース)は軒並み10%を超え...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り358文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン