/

この記事は会員限定です

日立建機、21年3月期の営業CF800億円に 前期比3.5倍

在庫圧縮で

[有料会員限定]

日立建機の塩嶋慶一郎最高財務責任者(CFO)は22日までに日本経済新聞社の取材に応じ、2021年3月期の営業キャッシュフロー(CF)が前期比3.5倍の800億円程度になるとの見通しを明らかにした。3期ぶりの規模となる。新型コロナウイルス禍に対応して工場稼働率を落とし在庫圧縮を進めていることが寄与する。

20年12月末時点で3088億円あった製品などの在庫を21年3月期末には3000億円以下に抑える計画だ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り301文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン