/

この記事は会員限定です

株オプション取引、強気派・弱気派ともに活発

[有料会員限定]

日経平均株価の予想変動率を示す日経平均ボラティリティー・インデックス(VI)が高止まりしている。日経平均オプションの取引動向から算出し、投資家心理を映す同指数は、通常なら株高局面で下がりやすい。だが最近は株価の大幅高を見込む取引と、反対に大幅下落に備える取引がともに活発。強気派、弱気派の見方が二分されており予想変動率の上昇につながっている。

日経平均VIは一時24.87と、米ゲームストップ株急騰を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り450文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン