/

損益分岐点とは 損益がゼロになる売上高

きょうのことば

損益分岐点 売上高と費用が等しくなり損益がゼロとなる売上高を指す。売上高が損益分岐点を上回れば営業黒字となり、下回れば赤字となるため、損益分岐点が低いほど減収になっても利益を出しやすい収益構造といえる。

費用は固定費と変動費に分けられる。固定費は店舗や設備などの減価償却費や人件費といった売上高の増減にかかわらず発生する費用を指す。変動費は原材料費など販売量に応じて増減する費用を指す。航空会社や鉄道会社は機体・車両の減価償却費、乗務員の人件費、燃料費など乗客の多寡にかかわらず発生する固定費が多く、売り上げが減った場合は赤字に陥りやすい。

今回の試算では、過去の四半期の売上高と営業費用(売上原価と販管費の合計)をもとに、最小二乗法を用いて数学的に固定費と変動費を推計した。そこから損益分岐点を算出し、業種ごとに売上高が減った場合の営業損益を推計した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン