/

この記事は会員限定です

東証、システム障害は当日復旧前提に 中間報告原案

[有料会員限定]

東京証券取引所のシステム障害を受けた再発防止策の中間報告の原案が17日、分かった。取引できる時間がわずかであっても当日中に売買を再開する方針を打ち出すほか、障害発生時の注文の扱いなども透明化する。証券業界全体で当日の復旧を前提としたルールを整備することで、すみやかに取引を再開できるようにする。

東証が18日、証券会社などで構成する再発防止策検討協議会のワーキング・グループに提出し、次回協議会で正式...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り941文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

東証システム障害

東京証券取引所は2020年10月1日、システム障害を受けて全銘柄の取引を終日取りやめました。売買が終日停止されたのは1999年の取引のシステム化以降で初めてでした。この問題に関する最新ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン