/

この記事は会員限定です

日本製鉄、事業利益「真水6000億円」自信の根拠

堤健太郎

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

日本製鉄は2022年3月期の本業のもうけである事業利益について、予想を前期比7倍強の8000億円に上方修正した。在庫評価差益などを除いたいわば真水ベースでは6000億円という。森高弘副社長はこの利益水準について「外部環境にかかわらず、持続的にたたき出せるようにする」と宣言した。「鋼材出荷1トン当たり限界利益」を試算し、その自信の根拠をさぐってみる。

日鉄の好業績を支えているのは、まず値上げの浸透だ。業界で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1649文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン