/

この記事は会員限定です

「起業家増え、経営判断早く」英ベイリー、日本株統括

日経平均3万円 私はこうみる④

(更新) [有料会員限定]

――この30年で日本企業はどう変わりましたか。

「海外留学など国際的な経験を積み、多様な才能を持つ経営者が増えた。特に1990年代後半のIT(情報技術)ブーム以降に登場した起業家は環境の変化に合わせて素早い経営判断ができる。大量の自社株を保有しているので投資家との利害も一致しやすい。典型的なのはソフトバンクグループの孫正義氏だろう。サイバーエージェントやGMOインターネットも好例だ」

「日本企業は保守的と思いがちだが、こうした新興企業は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1224文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン