/

この記事は会員限定です

つかの間の回復、かりそめの安定

十字路

[有料会員限定]

この時期、内外のシンクタンクや調査機関から様々な形で「来年の見通し」が発表される。筆者の勤める会社も例外ではなく、2021年の世界情勢・経済見通しを先日、発表した。

21年の世界経済は国・地域によって差はあるが、20年の激しい落ち込みからの回復は確実だ。新型コロナウイルスワクチンの開発と普及が進めば、回復の足取りはよりしっかりする。米国では、予測不可能なことが多かったトランプ政権からよりオーソドッ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り523文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン