/

この記事は会員限定です

橋爪源三郎氏 万年強気、鐘紡の一点買い

相場師列伝

[有料会員限定]

大阪の株の街、北浜が一番にぎわった大正時代のこと、一風変わった相場師がいた。生涯「買い」しか知らないというから、万年ブル(雄牛、強気)である。しかも投資銘柄は鐘紡(後のカネボウ)一銘柄しか張らないときている。ここまで徹底した相場師も珍しい。しかも、クリスチャンというのも異例。

「由来、相場は動くもの。その動くのは高いか、安いか、である。高くなる場合は買い、安くなる際は売るというのが 相場張りの常...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1447文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン