/

この記事は会員限定です

三菱UFJ・東大、温暖化ガス排出量の測定基準策定へ

【イブニングスクープ】

[有料会員限定]

三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)と東京大学は、各企業が排出する温暖化ガスの量を測定する基準の策定に向け、共同研究に乗り出す。排出量の測定基準の大枠は国際的に定まっているが、実務面には様々な課題がある。今後、日本企業の排出削減を促すため、測定手法の確立を目指す。

各企業が排出する温暖化ガスの量は現在、電力消費量などから算出している。ただ、部品の製造過程で排出された温暖化ガスを部品メーカーと部品を使う完成品メーカーがどう...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り394文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン