/

この記事は会員限定です

三井化学、株価一段高のカギ握る石化改革

証券部 生田弦己

[有料会員限定]

三井化学の株価の回復が顕著だ。新型コロナウイルスの影響で日本の総合化学メーカーの株価の戻りが鈍い中、2年半ぶりの高値圏で推移している。得意とする製品の市況の回復に加えて、2014年から進める石油化学事業の構造改革の成果が評価されている。米ダウ・ケミカルなど世界の化学大手に比べて稼ぐ力はなお弱く、株価の一段高は低採算事業の縮小や撤退など石化改革のさらなる進展にかかっている。

三井化学の株価は足元で3000円...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1870文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン