/

リクルートと三菱UFJ、今冬に決済サービス開始

リクルートは15日、三菱UFJ銀行と取り組むキャッシュレス決済サービスを今年の冬から始めると発表した。小売事業者などが手掛ける独自のポイントアプリ上に決済機能を搭載できる。加盟店向けの決済手数料は0.99%に抑え、既存の決済手段よりも抑えた。

始めるのは「COIN+(コインプラス)」で、リクルート系が手掛ける店舗向け決済サービス「Air(エア)ペイ」で取り扱う。リクルートと三菱UFJ銀が開発するアプリだけでなく、既存のスマホアプリにも決済機能を後付けできるのが特徴だ。

利用者は従来、小売店での支払時に店のポイントアプリを開いた上で、キャッシュレス決済アプリを別に開く必要があった。小売店のアプリでコインプラスが導入されれば、1つのアプリで決済まで完了する。小売店側は購買データの蓄積も期待できる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン