/

バイデン・リフレ策発表、市場は「お手並み拝見」

バイデン次期大統領のコロナ支援関連講演は日本時間15日午前9時すぎから始まった。米国市場で重要材料視されているので、世界が注目した。冒頭で、株価上昇に言及して「富の格差」を生む要因と位置付けた。トランプ氏の株価重視とは異なり、一定の距離を置く姿勢に、市場は身構える。

そして本論の予算規模。コロナ対策を第1弾と位置付け、実質的にバイデン政権の初仕事となる展開だ。第2弾として、選挙公約のグリーンエネルギー関連とインフラ投資に投入する予算案を明らかにする、という筋書きである。

その第1弾は1.9兆ドル。そもそも民主党案が2兆ドル、共和党案が5千億ドル程度から「すり寄せ」が始まったので、結局ブルーウエーブの勢いで民主党案を通すという強気の姿勢だ。市場の反応は、総額2兆ドル近くなら、想定より高い水準ゆえ、大筋歓迎。とはいえ、この案がどこまで実現するのか、懐疑的な見解も根強い。

まず給付金を原案から1400ドル上乗せして2000ドルとした件は、共和党内で財政均衡派が難色を示してきたが、そもそも2000ドルへの増額を提示したのはトランプ大統領ゆえ、最終的に受け入れられた。2022年中間選挙には熱狂的トランプ支持者の票が必要とされ、「応援演説」を期待しての配慮であろう。しかし、弾劾の影響は甚大ゆえ、トランプ氏追放の動きも出始めている。バイデン陣営から見れば「薄氷の合意」との印象もあろう。

州政府など地方自治体への予算支援も、共和党が一貫して反対してきたところだ。ここでは、バイデン氏の長年の盟友マコネル共和党上院院内総務との「あうんの呼吸」の根回しが効いたようだ。ここでバイデン氏は「借り」を作ったが、いずれ増税が議論されるときには、法人税21%から28%への増税案を25%程度に抑えることで「借りを返す」シナリオなどが考えられる。「腹芸」はバイデン氏の得意技だ。市場の視点では、トランプ・リスクも予見不能であったが、バイデン氏の「腹の内」も読みづらい。

今後、バイデン氏が議会でまず目指すのは超党派合意。特にワクチン対策や学校再開支援には共和党も支持の姿勢だ。雇用支援にも緊急性がある。最新雇用統計は非農業部門新規雇用者14万人減。さらに14日発表の新規失業保険申請者数も昨年3月以来の大幅増で100万件の大台に接近した。ここは今年3月に期限切れとなる失業保険上乗せを9月まで週400ドル増額することに異論はなかろう。さらに今後は、例えば国外利益への課税強化という面で、GAFA狙い撃ちとなれば両党賛成の可能性がある。

とはいえ、共和党があくまで反対姿勢を貫く項目があれば「財政調整法=リコンシリエーション」という切り札を使い、強行突破の選択肢もある。これは特定財政案件につき、上院で通常の60票ではなく副大統領の決定票も含め51票の多数決で決定できる特殊ルートだ。時間がかかり、認められる件数も限定されるので、最後の備えとして極力温存されよう。ちなみに、この手段は、民主党急進左派サンダース上院議員が積極的な使用を唱えている。

なお、バイデン氏には「時間との闘い」も待ち受ける。

既に「大統領就任後100日以内に1億人にワクチン接種」という具体的目標を掲げた。そのためには、コロナ検査支援500億ドルとワクチン接種促進のための200億ドルは欠かせない。ところが、議会での弾劾審議が今のペースだと1月19日(大統領就任日1月20日の前日)まで続くリスクがある。ここは弾劾議論も頃合いを見計らって収め、予算審議に移ってほしいというのが本音であろう。

バイデン次期大統領のデビュー戦は綱渡りの連続となりそうだ。

豊島逸夫(としま・いつお)
豊島&アソシエイツ代表。一橋大学経済学部卒(国際経済専攻)。三菱銀行(現・三菱UFJ銀行)入行後、スイス銀行にて国際金融業務に配属され外国為替貴金属ディーラー。チューリヒ、NYでの豊富な相場体験とヘッジファンド・欧米年金などの幅広いネットワークをもとに、独立系の立場から自由に分かりやすく経済市場動向を説く。株式・債券・外為・商品を総合的にカバー。日経マネー「豊島逸夫の世界経済の深層真理」を連載。
・ブルームバーグ情報提供社コードGLD(Toshima&Associates)
・ツイッター@jefftoshima
・業務窓口はitsuotoshima@nifty.com
  • 出版 : 日経BP
  • 価格 : 1,045円(税込み)

日経電子版マネー「豊島逸夫の金のつぶやき」でおなじみの筆者による日経マネームック最新刊です。

この書籍を購入する(ヘルプ):Amazon

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン