/

この記事は会員限定です

三菱UFJ信託銀、知財データ活用の新ファンド

アスタミューゼと連携

[有料会員限定]

三菱UFJ信託銀行は8月、知的財産に関するデータを活用した新ファンドの運用を始める。知財のデータベースを運営するアスタミューゼ(東京・千代田)と連携し、革新的な技術をもつ企業に投資する。まずは自己資金で運用し、3年後をめどに一般の投資家向けの提供も視野に入れる。伝統的に投資に使われてきたデータとは異なる「オルタナティブデータ」を活用し、運用収益を高める。

新ファンドでは、まず公的機関から助成を受け...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り295文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン