/

この記事は会員限定です

「累進型配当を堅持」、伊藤忠商事の鉢村CFO 

下期の財務戦略を聞く

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大によるアパレル関連の需要減といった影響を受けながらも、伊藤忠商事の2020年7~9月期の連結純利益は、四半期ベースで過去最高の1477億円だった。4~9月期でみると、純利益の通期予想4000億円に対する進捗率は6割と高い。株式市場でも安定した業績が評価され、12月に入り上場来高値をつけた。下期以降、さらに利益を積み上げるための事業ポートフォリオについて鉢村剛最高財務責任者(CFO...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1396文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン