/

この記事は会員限定です

30年半ぶり高値、市場の見方 業績改善で一段高も

[有料会員限定]

15日の東京株式市場で、日経平均株価が1990年8月以来およそ30年半ぶりに3万円の大台を回復した。株高の持続力をどう見るべきか。市場関係者に21年末までの見通しを聞いたところ、当面上昇が続くとの声が目立つ一方、過熱を警戒する声もあった。

一段高の見方の背景にあるのは金融緩和による過剰流動性だ。ニッセイアセットマネジメントの伊藤琢チーフ・ポートフォリオ・マネジャーは「株式需給面での押し上げが強い。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り955文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン