/

この記事は会員限定です

リニアガイドのTHK、受注急増減で疲弊 表情で一目瞭然

証券部 柘植康文

[有料会員限定]

THKの収益力が低下している。工作機械などの基幹部品「リニアガイド」の世界大手だが、2020年12月期の連結最終損益(国際会計基準)は100億円近い赤字(前の期は116億円の黒字)に沈んだ。中国などの旺盛な設備投資に支えられていた局面は新型コロナウイルスの感染拡大で一転。需要急変のひずみが出た。

企業分析の1つに「フェイス分析」がある。目や鼻など顔の部位に財務や収益の指標を当てはめ、できあがった表情から...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1483文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン