/

この記事は会員限定です

日経平均3万円回復 企業収益改善は道半ば

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

15日の東京株式市場で日経平均株価が1990年8月以来30年半ぶりに3万円の大台に乗せた。日本企業の稼ぐ力はバブル崩壊後の長期低迷を経て底上げされたが、米国の巨大IT(情報技術)企業のような高成長企業を生み出せていない。新型コロナウイルス対応の金融・財政政策で押し上げられている面も大きい。企業の成長力を高め株高を持続できるかが課題だ。

15日の日経平均終値は前営業日比564円08銭(1.91%)高...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1115文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン