/

この記事は会員限定です

横田義夫氏 日糖事件で経営危機にひんす

[有料会員限定]

明治42年(1909年)操業してまだ日の浅い藤本銀行は破綻にひんした。有力取引先である大日本製糖の不正経理や経営者間の暗闘が発覚、株価が暴落する。76円台から13円台にまで崩落する。藤本王国を誇った豪華な夢も孤城落日、秋風肅殺(しゅうふうしゅくさつ)の観を呈したが、横田義夫は平賀敏を助けて整理に当たり、虎口からの脱出に成功する。そして昭和2年(1927年)の財界パニックや鈴木商店の破綻など、波瀾万...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1566文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン