/

この記事は会員限定です

日通、2年3カ月ぶり高値 航空貨物の好調さ好感

[有料会員限定]

14日の東京株式市場で日本通運株が5日続伸し、前日終値に比べ290円(4%)高の7550円と約2年3カ月ぶりの高値をつけた。前日に発表した2020年12月の航空輸出重量が前年同月と比べ35%の大幅増となり、好感した買いが集まった。世界で新型コロナウイルスの感染が再び広がる中でも半導体関連の輸送が伸びている。運賃も上昇が見込まれ好調な航空輸出が続くとの見方が支えになった。

終値は3%高の7500円。航空貨物...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り436文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン