/

この記事は会員限定です

JFE、脱炭素左右する債券格付け AA奪回は資金効率カギ

堤健太郎

[有料会員限定]

JFEホールディングスが新たな中期計画で財務の改善を目指している。製鉄事業の脱炭素対応投資がかさみ、今後の資金需要は増えることが見込まれる一方、JFEの債券格付けは同業他社に対して見劣りしており、資金調達で遅れをとると競争に劣後する可能性が高い。財務改善による格上げに向け、カギとなるのは資金効率だ。

JFEは5月に公表した2025年3月期までの中期経営計画の数値目標に「有利子負債/EBITDA(利払い・...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1727文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン