/

この記事は会員限定です

旧村上ファンド系、日本アジアGにTOB 敵対的買収の公算 

[有料会員限定]

旧村上ファンド系の投資会社、シティインデックスイレブンス(東京・渋谷)は14日、日本アジアグループにTOB(株式公開買い付け)を実施すると発表した。日本アジアGは昨年11月に米ファンドのカーライル・グループと組み、MBO(経営陣が参加する買収)で株式を非公開にすると発表していた。カーライルに対抗し、敵対的買収になる公算が大きい。

シティの買い付け価格は1株840円で、カーライルの価格(600円)を40%上回る。株式...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り227文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン