/

この記事は会員限定です

ファンペップ、阪大発の医薬品開発VB

新規公開株の横顔

[有料会員限定]

大阪大学大学院の研究を生かしてペプチドを用いた医薬品を開発している。アミノ酸が結合したペプチドでも、体内で器官の制御など一定の働きをする「機能性ペプチド」や、患者の体内での抗体づくりを促す独自技術を用いる。皮膚の潰瘍や花粉症、高血圧などの治療薬づくりが目標だ。これまでの医薬品に比べ、生体の力で抗体を生み出す仕組みを活用して生産費用が安く済むという。研究費などが先行しているが、2019年12月期は提...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り197文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン