/

この記事は会員限定です

SBIHD、地銀向け勘定系システム開発へ

[有料会員限定]

SBIホールディングスは地方銀行向けの勘定系システムを2024年にも開発する。IT(情報技術)コンサルティングのフューチャーアーキテクトと業務提携し、クラウド型の仕組みを取り入れる。資本提携する地銀などに導入を促し、システム負担を軽くするとともに新たなサービスを打ち出しやすくする。

勘定系システムは金融機関の預金や融資の残高管理、利息計算といった銀行業務の中核を担う。ノウハウや資金力のない地銀などでは自社での開発が難し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り424文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン