/

この記事は会員限定です

市場が迫る「脱炭素」 日鉄、問われる具体策

証券部 森国司

[有料会員限定]

菅義偉首相による「2050年の温暖化ガス排出実質ゼロ」宣言が契機となり、脱炭素の機運が急速に高まっている。日本製鉄などの重厚長大型企業でも、温暖化ガス排出量の実質ゼロ目標を明らかにするところが相次ぐ。ただ、市場から評価を得るには、具体性や実現性の高い計画が必要だ。

ESG(環境・社会・企業統治)投資の興隆で、温暖化ガス排出量の多い重厚長大型企業には強い逆風が吹く。「環境対応が取引や出融資の条件として定着す...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1148文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン