/

この記事は会員限定です

トラスコ中山、フリーキャッシュフロー黒字 前期 5年ぶり

[有料会員限定]

機械工具卸のトラスコ中山の2020年12月期のフリーキャッシュフロー(純現金収支、FCF)は、50億円強の黒字になったもようだ。会計基準の変更で単純比較は難しいが5年ぶりの黒字となる。19年12月期まで物流センターの建て替えや増築などにキャッシュを充ててきたが、投資が一巡。20年12月期は、投資キャッシュフローの赤字幅が営業キャッシュフローの黒字幅を下回ったようだ。

トラスコ中山のFCFは赤字が続いていた。1...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り242文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン