/

この記事は会員限定です

企業統治強化 プライム、安定株主「3分の2以上」認めず

東証市場再編 こう変わる③

[有料会員限定]

企業に大きな変革を迫るのがコーポレートガバナンス(企業統治)の強化だ。東京証券取引所が最上位市場と位置づけるプライムは時価総額全体に占める流通株比率で35%以上を求める。政策保有など安定株主だけで特別決議の可決に必要な「3分の2以上」を占める株主構成は認められなくなる。

特に政策保有株の場合、これまでは保有比率が10%未満なら固定的な株主とはみなされなかったが、新基準では流通株から除外される。安定...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り416文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン