/

この記事は会員限定です

割安株がけん引役に フィデリティ投信の石橋克巳氏

市場点描 株式相場を読む

[有料会員限定]

日経平均株価は2021年前半に3万円をうかがう展開を想定している。国内株式市場が懸念していたのは米金利の上昇が米国株の調整に波及して日本の株価を下押しするリスクだが、指標となる米10年物国債利回りは1.0%台で株式相場に大きな影響を及ぼさない範囲にある。もっとも多少でも米金利の上昇が意識されることで、今後の国内外の株式相場のけん引役は低金利環境が追い風になる成長株から、出遅れたバリュー(割安)株に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り210文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン