/

この記事は会員限定です

アドバンテスト、一時6%高 半導体装置の需要期待

銘柄診断

[有料会員限定]

13日の東京株式市場でアドバンテスト株が一時前日比470円(6%)高の8730円まで上昇し、昨年来高値を更新した。高速通信規格「5G」に対応した高性能スマートフォンやデータセンター、基地局向けの半導体需要が強い。アドテストの検査装置への需要も強まるとの期待から、国内外の投資家による断続的な買いが入っている。

終値は450円(5%)高の8710円だった。

高性能スマホなどに搭載する演算チップは5G通信などへの対応...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り344文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン