/

この記事は会員限定です

コロナ禍で進化したIR 株安和らげたリスク開示

市場と企業 縮まる距離(中)

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大で企業は事業の先行きを見通せなくなった。対面の説明会や面談も難しいなか、いかに投資家に情報を伝えるか。企業が投資家向け広報(IR)を磨いた。

「1日世界一周IR」。昨年9月、SOMPOホールディングスはこう名付けたIRを1カ月にわたって実施した。ビデオ通話システムを使ったバーチャルな投資家とのミーティングだ。

1日を3つの時間帯に区切り、朝に北米、昼にアジア、夕方に欧州...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1519文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン