/

この記事は会員限定です

その資金調達、本当に「グリーン」か

一目均衡 シニアライター 山下真一

[有料会員限定]

日経平均株価が3万円台を回復するなど金融市場はコロナ禍からの立ち直りが顕著だ。それを象徴するように債券市場ではグリーンボンドの発行が急増する兆しが出ている。欧州の政府や企業がけん引し、1兆ユーロ市場に成長するとの予測もある。制度作りの面でも先を行く欧州に早く追いつく必要があるだろう。

欧州政府で今年発行に踏み切ると予想されているのはイタリア、スペイン、デンマーク、ウクライナなど。脱炭素社会の実現へ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り955文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン