/

この記事は会員限定です

レオパレスの21年3月期、最終赤字444億円

[有料会員限定]

レオパレス21の苦境が続いている。12日発表した2020年4~12月期の連結最終損益は250億円の赤字(前年同期は241億円の赤字)だった。12月末の自己資本はマイナス92億円。賃貸アパートの入居率が低迷し、21年3月期通期の最終赤字は従来予想の80億円から444億円(前期は802億円の赤字)に下方修正した。

20年6月末に債務超過に陥った後、米フォートレス・インベストメント・グループから子会社を含め約27...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り448文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン