/

この記事は会員限定です

人気の増資、株主に不利? 変動型予約権が波乱の種に

証券部 二瓶悟

(更新) [有料会員限定]

行使価格が動く新株予約権の発行が増えている。従来の新株予約権に比べ行使が進みやすく、企業は資金調達のメドがたちやすい。ただ、既存株主に不利益との指摘があるほか、手ごろさ故の乱発も懸念される。株価の乱高下を招けば複雑な仕組みを敬遠し、株高で高まった個人投資家の投資熱を冷ましかねない。

12日の株式市場でジャスダック上場の業務管理システムを手掛けるINEST(アイネスト)の値動きが話題になった。11日は6%上昇...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1155文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン