/

この記事は会員限定です

ESGを「見える化」 格付けに反映、資金コスト上昇も

ムーディーズやS&P

[有料会員限定]

企業の財務に与えるESG(環境・社会・ガバナンス)の影響について、大手格付け機関が影響度を数値にして公表する。米ムーディーズ・インベスターズ・サービスは2022年にかけて企業ごとの影響を信用力の格付けとともに示す。資源関連など気候変動リスクが経営に与える影響が大きい業種では中長期的に社債の利払い負担などが重くなる可能性もある。

ムーディーズや米S&Pグローバル・レーティングが、社債など債

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1266文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン