/

この記事は会員限定です

東証、ETFの新システムを2月稼働 野村など8証券参加

(更新) [有料会員限定]

東京証券取引所は13日、開発を進めていた上場投資信託(ETF)の売買に使う新たな電子プラットフォームが2月1日から稼働すると発表した。機関投資家が証券会社やマーケットメーカー(値付け業者)に直接見積もりを依頼し、最も有利な価格で売買できるようになる。取引の透明性や効率を高め、ETF売買の拡大を狙う。

現在は機関投資家が東証に注文依頼のメールを送り、東証がマーケットメーカーなど業者に注文を募っている...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り252文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン