/

この記事は会員限定です

東宝、鬼滅の刃ヒット 今期の純利益140億円に上方修正

[有料会員限定]

東宝は12日、2021年2月期の連結純利益が前期比62%減の140億円になりそうだと発表した。従来予想より50億円上振れする。「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」などが記録的なヒットになっていることが寄与する。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う映画館の座席制限も昨夏以降緩和され、映画館に観客が戻っている。

売上高にあたる営業収入は29%減の1860億円、営業利益は64%減の190億円になる見込みだ。

鬼滅の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り337文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン